宇都宮の魅力

 

 

宇都宮の魅力

暮らしやすさで人気の町

宇都宮市は、栃木県の県庁所在地で、県の中南部、関東平野の中北部に位置する。中心市街地は日光連山から連なる山地が収束し平野部となる境界域、二荒山神社と宇都宮城址公園付近を中心に形成されている。市域には鬼怒川、田川、釜川、新川、姿川などの河川が流れ、河岸はその河岸段丘と沖積平野となっている

 

交通の便がいい!

宇都宮駅は、JR東北本線、JR東北新幹線、東武宇都宮と複数の路線が利用可能です。JR東北新幹線は、東京まで約49分、大宮まで約23分、仙台まで約66分で到着します。
日光国立公園・日光東照宮へは東武線のご利用又は宇都宮日光道路にて

充実の商店街!

 

宇都宮駅東口・西口には、日用品店から老舗の専門店までさまざまなお店が有り、駅ビル・大型スーパーが揃っていますのでショッピング環境にご満足頂けます。

 

公共の施設も充実!

人気の宇都宮駅東口には国立宇都宮大学・大手企業の研究所・工場が有り、芳賀町・益子・笠間に至る。宇都宮駅西口には県庁・市役所・作新学院等々が旧市街地を構成しており、木工の街鹿沼市・蔵の街栃木市につながっています。